生機セット加工
 染色加工を施行する前に、素材の寸法を安定させるために、ヒートセット機で熱加工を施します。
 近年の素材の多くは混合素材です。生機セット加工は、ヒートセット(熱処理)で行うため、温度管理が非常に重要になります。混合素材でも、それぞれの原料で融点が異なるため、お客さまからお預かりしたそれぞれの素材を見極めて、適切な温度でセット加工を行う、弊社のノウハウがここにあります。
染色加工
 ヒートセット機で、寸法が安定した素材は、粗熱を取りつつ、お客さまのご依頼専用に調合した薬剤とともに、染色機に投入されます。
 複雑な色や素材においても、適切な熱,圧力,加工時間により色むらを出さずに、一回の加工で染め上げます。これにより、素材に必要以上の負荷を与えず、適切なコンディションで、薬剤が素材に染み込んでいきます。